2018年 宮城県国体代表選手(強化指定選手)選考について

73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」トライアスロン競技宮城県代表選手決定のお知らせ
2018年福井国体トライアスロン競技における宮城県代表選手選考規定(以下選考規定)により、2018年の国体競技の宮城県代表選手が決定いたしました。
 
<選考大会>
大会名:第24回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会
    第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」宮城県代表予選大会
開催日:平成3071日(日)
以下 選考基準(全体条件・認定記録会出場)に基づき、下記代表選手ならびに監督を選考いたしました。
<選考選手>
男子(正選手)
1.小林竜馬(1997/12/26
   所属 流通経済大学   選考理由:国体宮城県予選大会第1
2.小林慶次(1999/12/27
   所属 新潟医療福祉大学 選考理由:国体宮城県予選大会第2 
男子(予備登録選手)
1.平原卓磨(1994/11/21
   所属 東北大学     選考理由:国体宮城県予選大会第3
 
女子(正選手)
1.佐々木智穂(1993/10/21
   所属 宮城県教育庁    選考理由:国体宮城県予選大会第1
2.小林美和子(1971/11/25
   所属 有限会社小林建業社 選考理由:国体宮城県予選大会第2
女子(予備登録選手)
1.植木風翔(1999/7/22
   所属 仙台大学      選考理由:国体宮城県予選大会第3
<監督>
男子監督 朝川 洋明(1978/5/29
      所属 有限会社 桂月堂
女子監督 小林 良寛(1967/7/21
      所属 有限会社 小林建業社

以下選考基準
宮城県トライアスロン協会強化委員会は2018年の国体宮城県代表選手の選出ならびに強化を目的とし宮城県強化指定選手を定める。
 
2018年 宮城県国体代表選手(強化指定選手)選考基準
<選考枠>
成年種別のみ(2019年~2021年に成年種別見込選手を含む)
 最大男女 各4(3)名(内正代表各2(1)名) 合計8(6)名 
   ※2月15日の段階では国体代表枠数が決定していません。
<出場資格(男女共通)>
1)宮城県在住者(平成30430日以前より大会終了日まで在住)
※宮城県内大学所属者含む 
2)ふるさと選手対象者(卒業中学校又は卒業高等学校のいずれかの所在地が宮城県)
3)選考対象年齢
  成年・少年男女 平成1542日以前の出生者(15歳以上・中学生を除く)
4)第24回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会エイジ部門(学生含む)・U23日本選手権・U19日本選手権及び東北高校選手権を選考対象レースとする。
5)全体条件として、2018年宮城県認定記録会又は2018年認定記録会に出場していること。
 
<男子・女子選考基準>
以下1)~5)の中より2018宮城県国体代表選手を選考し強化委員会を経て理事会で認定する。
1)  2018年U23日本選手権:選考対象該当者の1位(2位)
2)  2018年U19日本選手権:選考対象該当者の1位(2位)
3)  第24回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会エイジ部門(学生含む):選考対象該当者の1位(2位)
4)  2017年日本選手権 完走者
5)  強化委員会推薦(エリートレース並びに認定記録会を評価・スイムタイム重視)
 
・上記大会が中止になった場合、または気候条件理由でデュアスロン・アクアスロンになった場合、選考基準5)を適用し、過去のレース実績並びに認定記録会成績をもとに宮城県トライアスロン協会理事会にて宮城県国体代表選手(強化指定選手)を認定する。
・辞退者がでた場合、ロールダウンを行います。
 
<告知方法>
宮城県トライアスロン協会のホームページで平成30年 2月19日から告知。
 
<宮城県国体代表選手・強化指定選手特典>
大会遠征費補助、県強化合宿参加費補助  等