ウォーミングアップ禁止エリア

残念な事ですが、ウォーミングアップを禁止するエリアがあります。
昨年、車両運転者から、相当危険なバイク走行と見なされたようです。

7月3日会場シャワー

①トランジション近くに仮設のシャワーを設置します。
②スイム会場の堤防の上にある施設のシャワーが使えます。
※マナーが悪かった場合は来年使えません。綺麗に使いましょう。
③釣りキチ七ヶ浜店 022-357-6201
   七ヶ浜町菖蒲田浜字牛の鼻木2-1
   ランコース郵便局折返し先300m
   ご厚意で選手にシャワールームを無料で貸してくださるそうです。
   上記3カ所はいずれも水道水によるシャワーです。

7月2日(土)選手受付競技説明会会場

 
耐震工事も終了し、室内が新しくなりました。
床面が傷つきやすいので
バイクシューズは禁止です。
受付・・・12:30〜15:00
競技説明会1回目・・・13:00〜
競技説明会2回目・・・15:00〜
抽選会・・・・・・・・15:30〜
エリート記者会見・・・15:50〜
エリート競技説明会・・16:15〜

エイジバイクコース動画

←左側のFBで公開しています。

伊達トラスタートリスト発表

伊達トラにエントリーいただいた皆様へ
大変お待たせいたしました。スタートリストを公開します。
レースナンバーは全種目確定いたしました。

6月21日(火)18:50にエントリーいただいた皆様にメールを一斉配信いたしました。未着の方は、登録アドレスが間違っているか、gmailを受信出来るよう設定されていない方です。ご確認のほどお願いいたします。



 子どもたち対象のトライアスロンプログラム 

伊達トラエントリー(エイジ・ショート・リレー・学連定員到達)

2016年の第22回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会のエントリーは
定員に到達いたしました。キッズ・ジュニアアクアスロンは募集中。

エントリいただいた皆様へ
名簿が事務局に到達次第レースナンバーを付番し、スタートリストを発表します。
もう少々お待ち下さい。

発表後、datetrasendai@gmail.comより資料をお送りしますので、
メール受信環境を整えておいて下さい。
(ダウンロード出来ます)※前日の競技説明会は生涯学習センターに変更


 

伊達トラコース

今年はエイジ・ショート・パラトライアスロンのバイクコースが変わります。 


6月12日(日)酒田大会マーシャル募集

6月12日(日)に行われます、東北サーキット第1戦・第31回みなと酒田トライアス
ロンおしんレースお審判員協力のお願いのお知らせです。
ご協力いただける方は件名をそのままで、CTO塩沼まで返信をお願いいたします。
<<連絡先>>
・塩沼PCアドレス
kinokodaira@flute.ocn.ne.jp(@を半角に変換)

<<連絡内容>>
・お名前(よみがな)
・住所(郵便番号も含む)
・生年月日
・血液型
・所属協会
・審判種別
・携帯番号
・添付ファイルが確認できる環境のアドレス
・会場入りは前日か、当日か
・前日会場入りする方は、前泊を希望するか、しないか
<<連絡最終締め切り日>>
・2016年5月10日(火)
※募集人数が十分集まりましたら、最終締め切り日前に募集を締め切る場合もござい
ますのであらかじめご了承ください。
<<集合場所と集合時間>>
前日の集合場所は勤労者福祉センター2F、当日の集合場所は北港多目的広場駐車場
内。
集合時間は、前日は13:30、当日は6:00を予定しております。 


トライ東北第8期5月スタート

5月からトライアスロン東北第8期がスタートします。
今回のテーマは「トライ!七ヶ浜トライアスロン2016」
スキルアップを目指すアスリートはもちろん、
七ヶ浜大会でデビューを目指すFirstTimerまで、レベルに合わせた指導で
七ヶ浜のフィニッシュゲートを目指しましょう!詳細は以下ダウンロード。 


伊達トラ審判員募集

7月3日(日)開催の伊達トラ審判員の募集をいたします。
準備の都合上、6月17日までお申し込み下さい。
第22回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会 7月3日(日)
<審判募集要項>
1)募集審判員:40名(所属加盟団体への報告は各自で行うこと)
2)審判日当:3,000円(予定・交通費:自己負担)
3)審判会議7月2日(土):第1回10:30~(予定)
4)受付・会場:七ヶ浜町生涯学習センター(七ヶ浜町中央公民館)
5)宿泊希望の場合:小野屋(予定)
6)集合場所:7月2日(土)七ヶ浜町生涯学習センター(中央公民館) 午前10:30
   7月3日(日):湊浜午前5:30
7)ドレスコード:JTUキャップ・ウエア・黒パンツ(ロング・ハーフパンツ)、審判証・ホイッスル必携、競技中使用のウェストバックは最少サイズとする。濃いサングラスは不可。
8)審判申請後、関係者HPをご案内します。関係資料等閲覧出来ます。

◆第22回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会<審判派遣>
◆申込先(以下「件名」を変えないでメール送信)□を■に変換
*個人情報は本大会に限定して使用します。
・大会技術代表・MTA副理事長 木幡智彦:32koha@gmail.com 
1]氏名:
2]年齢:
3]性別:□男 □女
4]審判種別:□第1種 □第2種 □第3種
5]所属都道府県:
6]携帯:
7]メールアドレス(gmail受信環境):
8]過去審判歴:
9]特筆資格:
10]会場入り:□7月2日(土) □7月3日(日)
11] 宿泊:□希望 □希望しない


JTU認定記録会2016(スイム&ラン)
東北ブロック宮城県会場審判員募集

1.日  時   平成28年5月29日(日)07:30集合・15:00終了予定
2.主催・主管  宮城県トライアスロン協会
3.後  援   JTU東北ブロック協議会
4.場  所     集合場所およびスイム・ラン会場 
〒989-1693 宮城県柴田郡柴田町船岡南二丁目2番18号
仙台大学 温水プール(スイム)・陸上競技場(ラン)
TEL:0224-55-1121

ドレスコード・マーシャルポロ(無い場合はマーシャルベストを用意)
最低でも14人は必要ですので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
今回はワールドカップの選考記録会も兼ねる方向で計画しております。
ご協力いただける方は、asakawa_mta@yahoo.co.jp※@を半角に変換
まで参加の旨ご連絡下さい。

参加選手も合わせて募集中です。締切5月20日


ジュニアライフセービング教室

今月末の7/30に岩手県大槌町吉里吉里海水浴場で日本ライフセービング協会主催のジュニアライフセービング教室が開催されます。
内容は、浮き身などの溺れない泳ぎ方講習と、ライフセービング体験で、オープンウォータースイミング強化に効果があります。
(原則小学4年生から6年生となっておりますが、泳力があれば2年生3年生も受け入れするそうです)
 当日は、吉里吉里海水浴場の海開きイベントも開催しておりますので、ご家族で楽しめます。
*申込期限が7/21迄と短くなっておりました。
7月30日(土) 【※順延日8月6日(土)】
吉里吉里海水浴場(岩手県大槌町)
午前のコース 10:30-12:30
午後のコース 13:30-15:30

参加費:無料
駐車場は、海水浴場の案内に従って下さい。
申し込みは、下記となります。
http://dgent.jp/e.asp?no=1600388
イオン東北復興ふるさとの森づくり 


第4回気仙沼大島亀山植樹祭のご案内


日時:5月15日(日) 10:15〜開会式  12:00終了予定


会場:気仙沼市大島 亀山山頂


参加方法:各種ありますので、以下チラシをご覧下さい。


希望郷いわて国体リハーサル大会・トライアスロン競技報告書

1.大会期間 平成27年8月1日(土)競技説明会・2日(日)プレ競技会
2.大会会場 岩手県釜石市根浜海岸 特設コース 震災復興工事中につき、バイクは26kmにて実施
   気候条件 晴れ 気温33.0℃ 水温21.0℃(ウェットスーツ着用不可)風速 3m
3.宮城県代表選手
   男子 小室 淳史
   男子 安倍 築
4.競技成績
           男子 小室 淳史 8位(12人中) 1:45:50
           男子 安倍 築 DNS


5.レース状況
男子 小室選手 レースナンバー順のスタートのため、14番の小室選手は大外からのスタート。スイム中盤で単独泳となり、10番目でスイムアップ、バイクで好走し前を行く選手を1名吸収し、9番手集団でランへ。同時にランスタートした選手を早々に振りきり、その後、一つ順位を上げ8位でフィニュッシュ。

6.評価と課題
 今回はプレ大会ということもあり、参加人数については男子12名、女子9名と少数でのレースとなった、そのためバイクは集団になりづらく、単独ないし2名パックでの展開となった。小室選手は早々、前を行く選手をとらえ、二人でのドラフティングパックを組むことができた。単独走になる選手が多く、ランスタート時に足を使い切っている選手が多い中、いいランスタートがきれたのは非常に良い展開であった。課題としては、スイムでの順位である。本戦では今回の7倍ほどの人数になる予定なので、全体の上位でスイムアップし第1集団に入ることが、上位入賞への必須条件である。候補選手にはここから1年、そこを意識してトレーニングを積むよう促す。

7.コース状況・復興状況等について
全体的に津波の爪痕は非常に大きく、震災前の原型はとどめていない。よってメイン会場やバイクコースは工事車両・工事機材が点在している状態、またスイムアップ後、不整地、砂利駐車場をトランジションへの経路で抜けなければいけない状況で、選手は普段とは違う状況に戸惑う部分もあった。もちろん来年の本戦時にはその辺の状況は工事が進み改善されていると思うが、復興工事はまだまだ進行中のはずなので、どんな状況であれ対応できる心構えは必要である。バイクコースは中盤以降が道路幅拡張工事中。片道20km往復コースなので、現状は13km地点まで。その間のコースはおおむね良好。ゆるかやかに上り、折り返し後はゆるやかに下って来るコース。下りとは言えど、バイクでの脚力は必要。今回も往復26kmではあったが、降車後、上位選手も含め足をつる選手が何名かいた。ランコースはフラットなコース設定で以前のコースとは全く別のコース(2.5km×4周)になっていた。特にテクニカルな要素はなく、ブラインドも基本的にはない。順位を上げるためには、純粋な駆け引きが要求されるコースである。

以上 監督 朝川洋明

宮城県代表 監督朝川洋明

3時間耐久ランリザルト

寒い中お疲れさまでした。
大会結果・リザルトをアップいたします。
3時間耐久リザルト

3時間耐久開催決定!

3時間耐久にエントリーいただいた皆様へ
本日正午の長期天気予報を確認した結果、週末は崩れることなく
寒いながらも雪は降らないという予報です。(ナマイキTV出演中の樋口気象予報士のお墨付きをいただきました)
よって、第4回3時間耐久ランin台原森林公園は実施です!
1月11日(日)午前7時30分から受付。
午前9時スタート
正午フィニッシュです。

第4回 3時間耐久ランin台原森林公園Q&A(1/9修正)

3時間耐久にエントリーいただいた皆様へ
初参加の方も多いと思われますので、何点かご連絡させていただきます。
 
1.駐車場はありません。(公園常設の駐車場は午前9時30分〜解放されます。駐輪は可能です)
2.荷物預かりあります。(45リットルのビニール袋に入れてお預かりします※貴重品はご自身で)
3.女性用お着替え場所あります。(仮設テントを用意します)
4.駅伝は交代で走っていい?(何度でも交代してかまいません)
5.補給は?(給水所は1カ所あります。水とスポーツドリンクの2種類 2.8㎞ごとの給水です)
6.トイレは?(コース内に公衆トイレが多数あります。トイレットペーパーはスタッフが置いてまわります)
7.コースは凍ってますか?(1/8午後にコースを確認しましたが、凍っている場所はありませんでした)
(もし凍っている所があった場合、当日砂をまく予定です)
8.寒いですか?(もちろん寒いです。手袋や耳当てがあってもいいでしょう)
9.音楽聞きながら走っていいですか?(走力の違う選手が周回しています。後ろから抜かれるとき危険です)
(どうしても・・・という場合は片耳のみでお願いします。※陸上競技・トライアスロンでは禁止行為です)
10.同一周回の場合の順位は?(先にフィニッシュラインを通過した人が上位です)
11.今年も写真は撮るんですか?(もちろん全員撮れるか分かりませんが、写真は常に撮ります)
(撮影した写真は協会のFBにアップします。FBへのアップは夕方以降になります)
12.仲間と一緒にフィニッシュしてもいいですか?
(問題ありません。ただし、すでにフィニッシュした選手が一緒にフィニッシュする場合
ゼッケン・計測用チップは必ず外してからフィニッシュして下さい)
13.あきたら逆走できますか?(できません)
14.抽選会ってありますか(あります。今年も温泉旅館のペア宿泊券です)
 

エントリー表発表 第4回 3時間耐久ランin台原森林公園(1/8修正)

エントリーいただいた皆様へ、
エントリーリストを掲載します。
ご確認下さい。レースナンバー付番は五十音順です。
選手追加(1/8)
 


定員到達 第4回 3時間耐久ランin台原森林公園(12/21更新)

3時間耐久ランは定員に到達いたしました。
たくさんのエントリーありがとうございます。
本日をもって、新規エントリーは終了させていただきます。
2015年1月9日(金)午後の天気予報の段階で、
開催の可否を決定します。
実施の可否は、当HPでお知らせいたします。

3時間耐久一口メモ
○駐車場は、公園常設は使用出来ません。最寄りの駐車場は地下鉄旭ヶ丘駅付近に有料駐車場あり。
○マイ箸・マイどんぶり持参を推奨!今年も美味しい熱々の振る舞い鍋を準備します。



(12/17更新)

第4回 3時間耐久ランin台原森林公園エントリー順調(12/12更新)

3時間耐久のエントリーの途中経過をお伝えします。
非常に順調にエントリーが増えております。
締切前に定員に達する可能性もありますので、
お早めのエントリーをお願いいたします。



誓約書は、当日回収しますので、エントリ−完了後、ダウンロード願います。


DATE-TRA解散総会(11/22更新)

第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会の実行委員会解散総会が11月21日、
無事終了いたしました。。


 「事業報告」(抜粋)
概要
 エントリー総数は496人とエイジ(一般434人)、
エリート選手(62人)とも過去最大の参加となった。
3分の2の選手が宮城県外からの参加で、その傾向は高まっている。
一昨年18回大会でトライアルを行ったパラトライアスロン部門は、
19回大会から正式種目(TRI2-5)としたが、今大会には全国から10人のエントリーがあり、
パラトライアスロン選手の懸命なレースに、多くのギャラリーが感動を得ることができた。
 メイン会場地である七ヶ浜町湊浜周辺の復興工事が本格化しているため、
メイン会場や駐車場確保の制限があったが、周辺住民、協力団体の協力の上、
審判技術の向上をはかり、とコンパクトな大会会場運営とした。
 また災害、地震、津波時の避難体制を18回大会からマニュアル化し、
大会前に十分な告知を行うとともに、警察、陸上自衛隊、交通指導隊、配置警備員、
大会スタッフによる選手、一般市民の安全確保の態勢づくりを行った。
さらに、競技動線、審判・運営スタッフのブラッシュアップを行い、「緊張感と楽しさ」を兼ね備えた大会とした。
 今大会では、大会前日、7月5日の競技説明会を七ヶ浜国際村で開催、
20周年式典とパラトライアスロン選手権世界第3位の古畑俊男選手のミニ講演、
さらに一般選手とエリート選手の交流イベントなどを行った。
そして、大会当日には、トライアスロンに興味を持つ小学4〜6年生21人のレース見学も同時に行った。

2015年JTU会員登録スタート(11/4更新)

JTUの会員登録がスタートしました。
お手元に2014年の会員証を用意して上部または以下リンクから手続きをお願いします。

宮城県協会への直接リンクです。ご注意下さい。

10月26日(日)第20回日本選手権報告(10/29更新)

MTA強化委員長 朝川

基本的には、小林選手(女子・宮城)中心、
その他、高橋選手(女子・秋田)、岩渕選手(男子・秋田)の3選手のサポートをいたしました。
長谷川選手(山形)は所属チーム(サニーフィッシュ)での動きとなっておりました。

今回は宮城の小林美和子選手をはじめ、東北ブロック代表コーチという形で土曜の選手説明会より同行しました。
日本選手権は、独特の張り詰めた雰囲気を持つ大会です。
少しでも私の経験が選手にプラスになっていれば幸いです。

前日行動
13:30 現地入り
バイクコース試走 (小林選手・高橋選手(秋田)とともに)
14:00 選手受付(コーチID発行)
14:30 競技説明会 コーチ席にて参加
15:30 当日流れ確認

当日行動
6:00 岩渕選手合流
6:30 会場入り
7:00 女子選手合流
女子選手ウォーミングアップ・トラ準備
直前スイムアップ ウェア受け取り
8:25 女子スタート 

10:00 男子選手ウォーミングアップ
直前スイムアップ タオル渡し・ドリンク渡し
11:00 男子スタート

13:30 競技終了
事後ミーティング
14:00 解散


競技環境
天気: 晴れ
水温: 18.3℃(女子) 20℃(男子)  気温: 20.2℃(女子) 23℃(男子)
女子 ウェットスーツ可
男子 ウェットスーツ不可

サポート選手状況
女子 
小林選手(宮城) 
スイムを24分後半であがり、バイクへ。バイク2周回目にて、先頭集団にラップされ、DNF。

高橋選手
スイムを21分中盤、全体でも中間位の好位置であがり、集団でトランジッションへ。バイクに入り集団になれず、1周目でパンクがあり、バイク2周目にて先頭集団にラップされ。DNF。

男子
岩渕選手
スイムで出遅れ、64位でバイクへ。バイクに移るも身体が動かず、バイク1周目にて先頭集団にラップ。DNF。
低水温でのスイムで低体温症となり、身体がほとんど動かない状況になり単独走を余儀なくされる。
バイクカットオフ後、歩道の日の当たる場所でしばらく身体を温める。徐々に回復。


大舞台のプレッシャーなどもあり、本来の力を発揮出来ない部分もありましたが、まだまだ日本トップ(オリンピックディスタンス)との差を感じさせられるものとなった。
選手それぞれが、感じ得たものを今後のトレーニングに生かし、その差を確実に縮め、来年のリベンジに期待したい。
私が直接指導している選手達ではないので、評価をくだすことはできません。
ただ、個人的な意見としては、スイム1500mでの確固たる泳力が、この舞台では必須であるということです。
私も過去に山本和実・廣瀬瑛美と直接指導した選手を送り込んできましたが、やはり日本選手権は日本最高峰で、とても難しく、そして厳しい大会です。

また、このような帯同機会がありましたら、是非よろしくお願い致します。
私の指導者としての経験として、とても有意義なものでした。
これからの宮城のトライアスロンの発展に、より一層、力を入れたいと思いました。

貴重な機会を、本当に有難うございました。

MTA強化委員長 朝川

長崎国体 宮城県代表池添敦選手報告(10/22更新)

今回は台風の接近・通過によってバイクが中止となり、スイム500m-ラン5kmという変則的な距離のアクアスロンとなりました。

スイム 06:17 (18位)
500mを1周回という短距離で、場所によって波の向きも強さも違うというコンディションでした。
第1ブイまでにバトルを避けつつ、集団の後ろにつけることを考えました。バトルは周りを見ながら回避でき、集団の流れにもある程度乗れたことで、想定よりもいい位置でスイムアップできたと思います。

ラン 18:26 (16位)
こちらはコース自体に変更はなく、2.5kmを2周回でした。コーナーが連続するため、強風の風向が刻一刻と変化するような状況でした。
心拍が上がりきってしまい、まともな思考をすることもできずひたすら走るのみでしたが、スイムアップから若干ながら順位を上げることができました。

総合 0:24:43 (14位)
アクアスロンの経験値の低さ、スピードのなさを補えれば、順位を上げることはまだ可能だったとは思います。
ですが、得意種目のバイクがなく、苦手なスプリント距離という中では、個人の実力は概ね発揮できたと言えると思います。

得意種目であるバイクが中止されたのは少し残念ですが、そもそも台風下で開催できたことが大会運営の皆さまのご尽力の賜物であり、非常に感謝しています。
現地の雰囲気もとてもよく、五島にもう一度行ってみたいと強く感じました。
また、東北のチームの連帯感も強く感じました。「東北」という同じチームにいるかのような、不思議な感覚でした。

この度はMTAの皆さまからは激励をいただき、また朝川監督には手厚いサポートをいただき、大変お世話になりました。この結果は皆さまのお力あってのものです。ありがとうございました。
国体宮城男子代表 池添 敦

長崎国体 宮城県代表小林美和子選手報告(10/22更新)

10/13に無事に国体レースを終え、長崎五島から戻ってまいりました。
台風の影響でバイク種目がなくなりアクアスロンになること知って仙台を出発しましたが、その後も台風の動きに目が離せなく、大会は開催されるのだろうかという状況が当日のレース直前まで続きました。
スイムは昨年東京国体での反省を活かし、今年はよく観察してスタート位置取りをすることができました。スイム力が上の東北の選手に挟まれてスタート。何がなんでも集団に入り込んで流れに乗ることが今年のスイム課題でもあったので付けるところまで付いていきました。第1ブイ付近では混戦しバトルとなりましたが、なんとか切り抜け、その後縦長の集団に続くかたちとなりました。距離が500m1周ということもありスピードが速く、水しぶきもあがっているせいか自分より前を行く選手たちが大勢いるように見え、少し焦りも感じました。スイムアップしてからウェットスーツを脱ぐのに少し戸惑いましたが、ランへとトランジットを終えました。
ランでは前に見える女子選手の背中は何人か抜ける確信があり、自信を持って突き進み抜くことができました。その後1周目の折り返しからの戻りでは場所によって暴風を抜けることとなりました。2周目に入る前に何人かの集団になり、2周目前半は集団の後方に付きましたがしばらくするとペースにバラつきが出て個々になり、私自身もペースから遅れはじめ、また後方から追い上げられ順位を落とすこととなりました。終盤は1周目よりさらに強い暴風となりここぞと思うところで思ったように前に進めずにフィニッシュに向かうことになりました。

23位/42人

開催の有無の判断待ちの中での自己管理。種目の変更や距離の変更でのイメージ作り。「ウェット着用可」それぞれの判断で着る着ない。暴風の中での走り方・作戦etc。あげればきりがありませんが、これまで積み重ねてきたトレーニングやメンタル面のあり方を一気に試されるレースとなった今年の国体レースでした。短い時間の中でいかに良いレースに仕上げられるか瞬時の判断・・・。昨年の21位を経て今年は10番台を目標としていましたが、少しづつの足りなさが、今回トータル的に順位をあげることに至らなかったのではないかと思います。そんな中で、朝川監督には常に臨機応変の対応で、瞬時に的確な判断・アドバイスをいただき、本当に心強くこの状況を乗り切るサポートをいただきました。

レース後の会場の雰囲気や他県の選手たちと交わした会話、表彰式・閉会式では、それぞれの成績はさておき、台風の中、国体開催をやり遂げた心地よい達成感がとても漂っていました。自分のレースでは悔し涙となりましたが、最後は国体に参加できて、またレースが出来て良かったとたくさんの方に感謝の気持ちがわきあがると共に、熱いものがこみ上げてきました。
9月に東北の国体代表選手達が集まっての強化合宿で東北の意気を高め、現地でもチーム東北の結束が強くパワーとなった長崎がんばらんば国体。東北エリアとしては次に続く2016年岩手国体にもつながる結束力を見せることができた国体になったのではないかと思います。

この度の長崎遠征にあたりまして、宮城県トライアスロン協会の皆様にはたくさんのご支援・ご協力をいただきましたこと、また地元宮城・仙台ではたくさんの方が台風の動向を心配し、応援してくれたことにこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。
国体宮城女子代表 小林美和子

長崎国体結果(10/16更新)

国体トライアスロン競技 宮城県監督 朝川 洋明
長崎がんばらんば国体トライアスロン競技報告

1大会期間:平成26年10月12日(日)競技説明会・13日(月・祝)競技会
2大会会場:長崎県五島市富江特設コース 気候条件 曇り時々雨 
気温20.1℃ 水温20.8℃(荒天のためウェットスーツ着用可)風速:11m

3.宮城県代表選手
成年男子 池添 敦(22)
成年女子 小林 美和子(42)
監 督 朝川 洋明(MTA強化委員長)
4.競技成績
成年男子 池添 14位(44人中)24:43
成年女子 小林 23位(42人中)30:04
※台風19号の影響に伴い、スイム500m-ラン5kmのアクアスロンにて競技会を実施 
競技開始時間も男子16:00 女子16:03に変更して実施

5.レース状況

成年男子 池添選手 ややアウトサイドのスタート、スイムは縦長になる集団の前方グループ(18位)であがり、トランジッションも順調にこなしランへ。ランに入り前を追う展開に、強風でペースを上げられない前を行っていた選手を横目に着実に順位をあげる。ラン2周回目ラストゴールスプリントで1名をとらえ、14位でフィニッシュ。

成年女子 小林選手 全体のほぼ中央よりスタート。集団のなかで激しいポジション争いを繰り返し、全体の中間位(19位)で集団でスイムアップ。ランに入り暴風の中、ポジション取りを工夫し先行している選手を追っていく。が、ウェイトの軽い小林選手にとっては向かい風が不利に働き、ペースが上げられす、必死に喰らいつくが最終的に23位でのフィニッシュ。

7.国体の評価と課題
まずは今国体においても代表2選手とも、積極果敢なすばらしいレースを見せてくれた。宮城県を代表する選手として、恥じない堂々たる走りであった。
今国体は台風19号の影響をもろに受け、直前まで実施種目・距離・時間が変動し、集中力をレースに合わせることが非常に難しい状態ではあった。
実際のレースにおいても、暴風により海も大きく波うち流れの強い状態で、またランにおいても、押し戻される程の強風が吹き荒れるなかでのレースとなった。

課題としては、台風下、そしてアクアスロンという中で、評価が難しいのですが、男女代表ともにより上位争いに絡める希望の光を見せてくれた。どちらも混戦状態の集団の中で展開しており、上記最終順位ではありますが、勝負どころの見極めで、まだまだ順位をあげられる可能性もあった。その勝負どころを見分ける力と、混戦状態でも勝ちきれるランにおける走力が今後の課題となるだろう。
総合的には、入賞には至ってははいないが、代表選手自身はしっかりと今ある力を発揮してくれた。ここから2016年の東北岩手での正式競技までに、表彰台を勝ち取れる選手育成指導、それを実現する環境構築が必要と改めて感じるものとなった。

長崎国体宮城県選手団結団式

10月13日にトライアスロン公開競技が行われる
第69回長崎国体の宮城県選手団結団式が
9月24日、宮城県庁で行われました。
宮城県代表の男子・池添敦選手と女子・小林美和子選手が、
決意を新たにしてきました。

第2回理事会開催

9月20日(土)17:00から理事会を開催いたしました。
議題

  • 1.第20回みやぎ国際トライアスロン七ヶ浜大会実施報告
  • 2.七ヶ浜町復興祈念2015年第4回3時間耐久マラソンin台原計画について
  • 3.2014長崎国体宮城県選出選手について(朝川理事)
  • 4.第1種審判員推薦について(木幡智彦・第2種)
  • 5.2014年宮城県トライアスロン協会の会員状況と東北ブロック活動について(大関理事長)
  • 6.みやぎジュニアスポーツパワーアップ事業について(小林理事)
  • 7.東北大学トライアスロン部と仙台トライアスロンクラブ主管による小中学生トライアスロン関連イベントについて (大関理事長)


2の3時間耐久マラソンは、2015年1月11日(日)に決定いたしました。
今後、HP・FBでお知らせいたします。
3の宮城県選出選手は、
男子・池添 敦 (いけぞえ あつし)
女子・小林美和子(こばやしみわこ)の両名です。
理事会後は、二人の壮行会を開催しました。


サントリー・チャレンジド・アスリート奨励金

JTU(公社)日本トライアスロン連合より、サントリー・チャレンジド・アスリート
奨励金の提案がありました。皆様にお知らせするとともに、
広く自薦・他薦含め募集しております。
宮城協会でとりまとめ、日本トライアスロン連合へ申請後
(公社)日本フィランソロピー協会への申請になります。
以下リンクを確認の上宮城県協会へ
9月15日(月・祝)までに必要書類をご提出下さいますようお願いいたします。



日本選手権審判員募集

※定員に達しました。皆様申し込みありがとうございました。

8月25日(月)以降は、個別で申し込み可能ですが、
それ以前は加盟団体からの一括申請になります。
エントリーフォームをコピーし、メール本文に貼り付けて
以下宮城協会副理事長木幡まで送信下さい。
32koha@gmail.com (@を半角にして送信)
宿泊は自力確保です。ご注意下さい。

第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)が、10月26日(日)に
開催されます。20周年記念大会の成功に向け、加盟団体の所属審判員への案内
と派遣をお願い申し上げます。
 なお、準備の都合から8月25日(月)までは加盟団体推薦として受け付け、
以降は、個別エントリー(個々に加盟団体の承認を受けることが条件)を受け
ながら進める予定です。応募多数の場合、派遣人数の調整をお願いすることが
あります。
 *返信時のお願い:本文末の「審判エントリーフォーム(複数ではコピー)」
の返信のみでの受付とします。ファイルでの返信はお控えください。

第20回日本トライアスロン選手権(2014/東京港)10月26日(日)

[1]審判募集要項
1)募集審判員:100名(加盟団体推薦及び加盟団体承認を条件に、個人申込を
 受付ける)
2)審判日当:3,000円(宿泊交通費:自己負担)
3)ドレスコード:JTU公認審判ウエア(ポロシャツ)、黒地パンツ(ロング推奨・
 ハーフパンツ)、JTUキャップ、審判証、ホイッスル、競技中使用ウェストバック
 は最少サイズ、サングラス可(濃色は不可)。詳細は、別途マニュアルで案内。
4)大会保険(審判員用):死亡補償2千万円、後遺障害補償60万円~2千万円、
 入院見舞金4千円、通院見舞金2千円。詳細は保険約款による。別途の保険は
 個々にお願いします。

[2]審判活動・会議等
1)10月25日(土):第1回11:00~(チーフ)、第2回16:30~(全体)*予定
 受付・会場:ホテル日航東京 1Fジュピター
2)意見交換会:お台場「OVEN」会費3,000円(25日19:00~予定)
3)集合場所:10月25日(土)日航東京ホテル 1F ジュピター
  10月26日(日)会場審判テント:06:00(午前6時)


◆第20回日本トライアスロン選手権<審判派遣>
・申込先(次の2箇所に「件名」を変えないで同報送信)□を■に変換
・件名は、「2014日本選手権」です。問合わせも同一件名でお願いします。
*個人情報は本大会に限定して使用します。

<返信先メール(2箇所同時送信)>
・TMTU事務局(電話0422-49-0551):tmtu@tokyo.email.ne.jp
・則井TMTU理事長(090-1465-6157):norii@sepia.ocn.ne.jp

■審判エントリーフォーム (返信用)
1]氏名:
2]年齢:
3]性別:□男 □女
4]審判種別:□第1種 □第2種 □第3種
5]所属都道府県:
6]携帯:
7} 携帯メール:
8]メールアドレス:

9]特筆資格:自動二輪免許他
10]希望ポジション(審判長・TD決定事項):

11]会場入り:□10月25日(土) □10月26日(日)
12] 審判会議(25日・土) □11:00  □16:30  □欠席
13]懇親会(25日・19:00~):□参加 □欠席
14] 駐車場:□利用する □利用しない
15] 備考:


長崎国体宮城県代表決定

七ヶ浜大会の成績を元に、宮城県代表選手が決定いたしました。
7月6日に開催したみやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ケ浜大会併用宮城県国民体 育大会・長崎国民体育大会代表選手選考レースにおいて、選考の結果、宮城県代表選手が決定しましたので報告いたします。
<選考方法> 選考対象大会:2014年7月6日開催
第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ケ浜大会
併用宮城県国民体育大会・長崎国民体育大会代表選手選考レース

選考対象者: 宮城県在住またはふるさと登録意思表示県外在住男女選手(大学生含む)
選考方法:対象者全総合順位により男女上位1位を代表選手とする。
なお、上位1位選手が代表を辞退した場合、次着選手へロールダウンとなる。
※代表選手に次ぐ順位の選手が予備登録選手となる。
(女子は、七ヶ浜大会1位の高橋選手が辞退したことから、ロールダウン)

予備登録選手
男子 対象者順位 第2位 志野 嘉紀 (学連・東北大学)
女子 対象者順位 第3位 郷田 裕子 (宮城県協会)

長崎国体 宮城県代表選手 プロフィール

男子代表
氏名:池添 敦 (いけぞえ あつし)
生年月日:1992 年 3 月 1 日
所属:東北大学(学連)
七ヶ浜大会成績:
総合タイム 2:01:10 (東北学生選手権 1 位)
(スイム 23:27 バイク 1:00:10ラン 37:33)

女子代表
氏名:小林美和子(こばやしみわこ)
生年月日:1971 年(昭和 46 年)11 月 25 日
所属:なし
七ヶ浜大会成績:女子総合 2 位
総合タイム2時間24分41
(スイム27分45・ バイク1時間11分25・ ラン45分31 )


パラトライアスロン強化指定選手宮城から選出(7/19更新)

宮城県から、2014年第2次JTUパラトライアスロン
強化指定選手が選出されました。
PT2の橋本健児選手 です。
所属チームは ヴァルハラ

 

大会終了御礼(7/8更新)


宮城県トライアスロン協会会長 石川光次郎

みやぎのトライアスロンファミリーの皆様へ
       〜20回目の七ヶ浜大会を終えて〜

第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会は7月6日、
成功裡に開催出来ましたことに対し、衷心より感謝申し上げます。
474人、7チームという過去最大の参加を得ましたことは、
会員、JTU、七ヶ浜町、ボランティア、大会を支えていただいたクライアントをはじめ、
トライアスロンファミリーの支援と支えがあったからこそです。
また今大会の成功を通じ、東日本大震災で被災した七ヶ浜町復興の一助になったのではないかと
感じております。
 20回の大会開催を経て、競技動線、安全対策、マーシャル技術、
選手対応、全体運営など、東北を代表するトライアスロン大会に育ってまいりました。
 日本に誇る、代表的な国際大会となるようさらに上を目指して参りますので、
皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

伊達トラ結果掲載(7/6更新)

参加いただいた皆様、ありがとうございました。
リザルトをアップいたします。
エリート男子
エリート女子
エイジ
リレー
スプリント
パラトライアスロン

大会前日(7月5日土曜日)スケジュール(7/1訂正)

訂正しています
(エリート記者会見と抽選会、エリート競技説明会の時間を変更)
7月5日(土曜日)
12:00〜13:00 エイジ競技説明会(1回目)
13:30〜 14:10開会式・記念講演会(パラトライアスリート古畑俊男選手)
15:00〜 エイジ競技説明会(2回目)
15:40〜 エリート記者会見
16:10〜 抽選会
16:15〜 エリート競技説明会
エリート以外の競技説明会は2回行います。どちらかにご参加下さい。

競技説明会・開会式・抽選会の会場は、七ヶ浜国際村です。
昨年とは会場が違いますのでご注意ください。
また、会場内はビンディングシューズ(クリート付のもの)では入場できません。
ご注意ください。

誓約書は、必ず受付で回収しますので、
署名捺印の上お持ちください。
リレーの部は参加者全員です。3人チームであれば3枚お持ちください。
競技に関する資料にももろもろ記載しております。
以下2種類ダウンロード出来ます。ご確認下さい。
誓約書2014ダウンロード
競技に関する資料ダウンロード

スタートリスト発表(6/28更新)

大変お待たせしました。
スタートリストを発表します。
リンクの特設ページへお進みください。

スタートリスト発表までもう少々お待ち下さい(6/23更新)

伊達トラにエントリーいただいたアスリートの皆様へ
6月20日にエントリー締め切りました。
現在、スタートリスト作成中です。
発表までもう少々お待ち下さい。
なお、スタートリスト作成・発表後、エントリー受諾メールを
エントリーいただいた皆様の登録アドレスに一斉送信いたします。
送信元メールアドレスはgmail.comから送信いたします。
受信環境を必ずご確認下さい。@より前はdatetrasendaiです。

大会駐車場および競技関係案内(6月18日訂正)

お待たせしております。
大会当日の駐車場に関してご案内します。
駐車場は大きく分けて2カ所です。
復旧工事などの関係で昨年使えた駐車場が使えませんのでご注意下さい。
大会当日駐車場案内

参加に関して、諸注意をまとめました。
皆様、良く読んだ上で競技説明会に臨んで下さい。
競技説明会会場地図もダウンロードする資料の中に記載しています。
最終ページは誓約書です。競技説明会(選手受付時)必ず署名してお持ち下さい。
前日7月5日(土)のタイムスケジュールは、調整中です。追ってご案内します。
競技に関する資料

JTUより名誉会長が感謝状

6月9日(月)JTU設立20周年を記念して感謝状の贈呈式が行われました。
その中で、宮城県協会から、元会長の中野正志(現名誉会長)が感謝状を
贈呈されました。

伊達トラ審判員募集(6月2日更新)

第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会(伊達トラ)が7月6日(日)に開催され
ます。昨年に続き、審判員の派遣をお願い申し上げます。
準備の都合上、6月20日までお申し込み下さい。

第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会 7月6日(日)
<審判募集要項>

1)募集審判員:40名(所属加盟団体への報告は各自で行うこと)
2)審判日当:3,000円(予定・交通費:自己負担)
3)審判会議7月5日(土):第1回10:30~(予定)
4)受付・会場:七ヶ浜国際村
5)宿泊希望の場合:御殿場(民宿)
6)集合場所:7月5日(土)七ヶ浜国際村 午前10:30
   7月6日(日):午前5:30
7)ドレスコード:JTUキャップ・ウエア・黒パンツ(ロング・ハーフパン
ツ)、審判証・ホイッスル必携、競技中使用のウェストバックは最少 サイズと
する。濃いサングラスは不可。
8)審判申請後、関係者HPをご案内します。関係資料等閲覧出来ます。

◆第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会<審判派遣>
◆申込先(以下「件名」を変えないでメール送信)□を■に変換
*個人情報は本大会に限定して使用します。

・大会技術代表・MTA副理事長 木幡智彦:32koha@gmail.com 

1]氏名:
2]年齢:
3]性別:□男 □女
4]審判種別:□第1種 □第2種 □第3種
5]所属都道府県:
6]携帯:
7]メールアドレス:
8]過去審判歴:
9]特筆資格:
10]会場入り:□7月5日(土) □7月6日(日)
11] 宿泊:□希望 □希望しない

七ヶ浜大会エントリー開始(4/10)

みなさまへ、大変お待たせしました。
7月6日(日)の第20回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会の
申し込みがスタートしました。
お手元に2014年度のJTU登録証を準備してエントリー下さい。
七ヶ浜大会特設ページ
 
エントリーは
LinkIconローソンDOスポーツです。
※エリートはMスポエントリーです。ご注意下さい。
 
よろしくお願いいたします。
LinkIcon2014七ヶ浜大会要項要項ダウンロード出来ます。
LinkIcon2014誓約書誓約書もダウンロード出来ます。
誓約書は、前日の選手受付で回収します。
 

酒田トライアスロンおしんレースマーシャル募集(5/5更新)

2014.第29回みなと酒田トライアスロンおしんレース
≪日程≫
・ 第1種審判講習会9時集合(勤労者福祉センター第2会議室)9時~13時
・ マーシャル受付及び会議・・・1:30~2:30勤労者福祉センター2F 第1展示室・第2展示室

U23・・・試泳12:30~バイク・ラン試走フリー、ただし、交通規制ナシ
0:30~4:00   エイジ・リレー受付(勤労者福祉センター駐車場内・体育センター内)
2:00~       U23受付    (勤労者福祉センター2F第1展示室)
2:30~3:30   U23競技説明 (勤労者福祉センター2F第1展示室)
3:30~4:00   メディア説明会 (勤労者福祉センター2F第3会議室)
4:00~4:40   初心者・エイジ競技規則及び競技説明会 (勤労者福祉センター2F 第2・第3研修室)
4:45~       U23有力選手記者会見予定。 (勤労者福祉センター3F大ホール)
5:00~       カーボパーティー前夜祭     (勤労者福祉センター3F大ホール)
U23及び有力選手の紹介
※役員及び来賓、審判員用の控室および飲食の場を3Fに(特別会議室)用意しています。
    特別会議室の部屋は荷物も置けますのでご利用下さい。

■6月14日(土) おしんレーストライアスロンフェスタ12:00~17:00
■6月15日(日)
・集合場所・・・・北港多目的広場管理等棟前場集合6:00
◎エイジ・リレー
7:30~競技説明(主会場)
7:50 エイジの部・リレーの部  入水チェック開始
8:00~開会式(スイム会場)
8:20~第1ウエーブ スタート  8:22~第2ウエーブ スタート  8:24~第3ウエーブ スタート
12:30~エイジ競技終了 
13:30~エイジ表彰・第1回目抽選会予定   
◎U23女子
7:00~10:30 ホイール受取り時間
9:00  女子バイクセットアップ
9:50  入水チェック(アンクルバンド受渡し)/ウォーミングアップ
10:30  ウォーミングアップ終了
10:40  U23開会式
10:50  選手コール
10:55  女子スイムスタート
◎U23男子
10:30  男子バイクセットアップ
11:30  入水チェック(アンクルバンド受渡し)/ウォーミングアップ
12:15 選手コール
12:25 男子スイムスタート
14:50 競技終了
15:20 表彰式

第1種公認審判員更新講習会及び勉強会開催(5/5更新)

第1種更新者および、第1種取得者、第2種、第3種取得者で、
今後第1種取得を目指している方など、今後の東北ブロック審判員の技術向上に向けて、
幅広く募集をいたします。
期  日・・・・2014年6月14・15日(みなと酒田トライアスロンおしんレース前、当日)
場  所・・・・○14日:山形県酒田市酒田勤労者福祉センター2F第2会議室
        ○15日:みなと酒田トライアスロンおしんレース大会
※)酒田勤労者福祉センター
 住所:山形県酒田市緑町19番10号
 電話:0234-26-2644(FAX兼用)
ご希望の方は、以下資料をダウンロードし、申し込みをお願いいたします。
第一種公認審判員講習会勉強会

ヒュッテ・ヤレン杯/第一回蔵王温泉国際トレイルランンイング大会(4/25更新)

標高差1,000mの山形蔵王山麓を駆け巡るトレイルランニング大会です。
現在参加者募集中です。
日時:6月15日(日)8:00スタート
詳細は以下リンクからお願いします。
ヒュッテ・ヤレン杯/第一回蔵王温泉国際トレイルランニング大会

審判ご協力願い(マーシャル資格保有者優先)(2014/4/1)

<イベント名>
4月27日(日)東北風土マラソン 登米市

<募集人員>
1~5名

<補佐内容>
役職名:エリア統括(無線機所持)
2km程度のコース管理(エイド含む)
担当エリアでマニュアル通りの位置にボランティアを立たせる。
担当エリア内のコーン・コーンバー等が正しい位置に置かれているか確認する。
担当エリア内のエイドステーションの管理

<行動予定>
26日・土
・仙台駅でレンタカーを借り、登米まで運転
・現地で担当エリアのエイド物資をレンタカーに積み込む
・現場確認
・登米に宿泊

27日・日
・現場にレンタカーで移動
・担当エリアのボランティアの位置、コーン&コーンバーの位置の確認
・エイド物資をエイドに運ぶ
・ボランティアに給水の仕方などを指示
・その他、本部と無線を通して臨機応変に対応
・終了後、残った物資を積んで本部へ戻る

<予算>
15000円/名
交通費・宿泊費・当日昼食は別途

〈問い合わせ〉
宮城県トライアスロン協会事務局
022-796-7372
mail: info@sports-voice.org


7月6日(日)開催 七ヶ浜大会募集開始日決定(2014/3/24)

本日3月24日(月)に宮城県協会会長以下4名と七ヶ浜町生涯学習課長ほか計7名で、七ヶ浜町を管轄する塩釜警察署に、第20回大会の開催のご挨拶に行ってきました。
正式に7月6日(日)開催、エントリー開始は、4月10日(木)に決定いたしましたので、ご連絡いたします。
エントリーは昨年同様、ローソンエントリーからになります
今年は記念すべき20回大会です。
大会前日の受付・開会式・競技説明会は、第一回大会の会場、
七ヶ浜国際村で開催いたします。
競技内容は、エイジ・リレー・東北学生選手権・日本スプリント選手権(エリート)・パラトライアスロン(tr2〜5)・スプリントです。
2014年のJTU登録を済ませた上で、エントリーの準備をお願いいたします。みなさんのエントリーをお待ちしています。
LinkIcon宮城県トライアスロン協会JTU登録サイト

トライアスロン東北 ショートタームスクール(2014/03/18更新)

2013年からスタートしたトライアスロン東北 ショートタームスクール第二期のお知らせです。
トライアスロンを始めたい方、始めているがもっと速くなりたい方、指導を受けてもっとタイムアップを目指す方
そうした方々のスクールを仙台市内および七ヶ浜町周辺で開催しています。
1人でトレーニングするよりも大人数でトレーニングすると苦しいトレーニングにも楽しさが加わります。

LinkIcon要項ダウンロードはこちらから

JTU認定記録会審判員募集(2014/03/15更新)

<JTU認定記録会福島県白河会場>
○日時 平成26年4月27日
○集合場所およびスイム会場 桜泳スイミングスクール
〒961-0983 福島県白河市真舟7番地 TEL:0248-24-8971
○ラン会場および解散場所 白河市総合運動公園
〒961-0054福島県白河市北中原30番地 TEL:0248-22-8971
○業務内容スイム周回、タイム計測・ラン周回、タイム計測・受付等
○スケジュール
7:00(予定)審判員集合・審判ミーティング
8:00~選手受付
8:10~開会式・オリエンテーション
8:30~ウォーミングアップ
9:00~11:00スイムタイムトライアル
12:00~13:00昼食
13:00~ランタイムトライアル
15:30~閉会式
○審判募集締切日 平成26年4月6日(日)
○連絡先 塩沼 淳一(携帯)
sekkagudoumonain.dn_nb@ezweb.ne.jp
○持参物 筆記用具・ホイッスル・雨具・防寒着・着替え
○服装 スイム:マーシャルポロシャツ、ハーフパンツ(ロングパンツ可)
ラン:マーシャルキャップ、寒くない服装。
(スイム会場内は汗をかくくらい暑いので、着替えの持参をお願いします)
○前泊
福島県以外の県の方の前泊を受付ます。
ご希望の方は審判協力の連絡と合わせてお知らせください。

JTU東北ブロック協議会理事会/大会主催者合同会議(2014/03/01)

3月1日(日)JTU東北ブロック協議会が開催されました。
2014年度の大会開催日程の確認や、東北ブロックのサーキット戦の確認。
その他、情報交換を実施しました。
男鹿市でも今年9月7日(日)大会開催を予定しています。

6月1日・・・・山形県 東北学連新歓トライアスロン大会
6月14日・・・山形県 ちびっこジュニアアクアスロン
6月15日・・・山形県 みなと酒田トライアスロンおしんレース ○
7月6日・・・・宮城県 みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会 ○
7月13日・・・山形県 長井トライアスロン大会 ○
7月20日・・・秋田県 秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会 ○
7月27日・・・青森県 白神杯・鰺ヶ沢トライアスロン大会 ○
8月3日・・・・岩手県 釜石はまゆりトライアスロン大会 ○
8月24日・・・福島県 うつくしまトライアスロンinあいづ ○
8月30日・・・山形県 酒田アクアスロン大会
9月7日・・・・岩手県 八幡平チャレンジトライアスロン大会
9月14日・・・福島県 阿武隈川トライアスロン大会 ○
9月20日・・・福島県 ミニトライアスロンin会津大学
9月21日・・・山形県 庄内デュアスロンIN酒田 ○
11月9日・・・福島県 あづまデュアスロンin福島 ○
11月30日・・福島県 デュアスロンinいわき ○
大会名の後ろに○がついているのがサーキット戦です。
詳細は開催各県の協会へお問い合わせください。

2013年度JTU審判資格認定試験(2014/02/25更新)

2013年の審判資格試験を2月23日(日)に開催しました。
午前中、休憩を挟みながら2時間半の講義と午後作文を作成していただきました。
3種審判員に合計11名が受験しています。
皆様お疲れさまでした。今シーズンの活躍を期待いたします。

平成26年度宮城県トライアスロン協会総会終了(2014/02/17更新)

2014年2月16日(日)宮城県トライアスロン協会の総会が終了しました。

以下総会資料をダウンロード出来ます。
総会次第
2013事業報告
2013決算報告
貸借対照表
2014事業計画案
2014予算案
役員案

指導者講習会のご案内(2014/2/14更新)

3月に行われる初級・中級指導者講習会のご案内です
別ページにリンクしています。

「報告」
トライアスロンTOHOKU仙台(2014/02/04更新)

2月2日(日)のトライアスロンTOHOKU仙台ショートタームスクールに

特別ゲストとしてオリンピアン田山寛豪選手が登場しました。

トライアスロン東北の朝川コーチと田山選手は、

以前同じ釜の飯を食った戦友でもあり、

今回は多忙なスケジュールの合間をぬって、

トライ東北メンバーのために駆けつけてくれました。

田山選手は、ドリルやオープンウォーターのコツなど、

おもしろおかしく指導してくれました。

最後は世界の泳ぎをメンバーが肌で感じれるメニューもありました。

さすが現役の日本ナンバーワントライアスリートです。

その後は、トークセッション。オリンピックや日本選手権の時のここだけの話など、ちょっと他ではないスタイルの時間になりました。

真面目な話あり、思わず笑ってしまう話あり、

トライ東北のメンバーさんにとって、

直接話をきけるというアットホームで、有意義な時間でした。

メンバーだけの特別な時間。あっという間 の2時間半でした。

今回駆けつけてくれた田山選手に感謝です。

トライ東北では、一緒にトレーニングを楽しむメンバーを募集しています。
お問い合わせは、左側のバナーをクリックして、お問い合わせ下さい。

審判員試験のお知らせ(1月14日更新)

2013年度JTU第2種審判資格認定試験及び更新講習会
第3種認定講習会および更新講習会(いずれもルールブック持ち込み可)開催のお知らせ
 
■日時 2月23日(日) 受付8:30~8:55
 
講習(第2種、第3種とも)9:00~12:00(第2/3種更新講習意見交換会、事例研究含む)
第3種 理解度判断・作文 13:00~14:00(第3種は講習会受講で認定されます)
第2種 認定試験     13:00~14:30 
LinkIcon2種審判員2012年度問題
 
■場所 仙台市北山市民センター
〒981-0934 仙台市青葉区新坂町8-4 Tel 272-1020
交通案内:市営バス 輪王寺前経由 北山~子平町循環 三条町下車 徒歩5分
北山三丁目下車 徒歩5分
駐車台数:24台
 
■対象審判種目 第3種新規、第2種新規、更新
■JTU公認審判員資格取得講習費と認定料 
 
第3種:認定料 2,000円、更新料2,000円(受験/受講料 3,000円)
第2種:認定料 3,000円、更新料3,000円(受験/受講料 5,000円)
 
■ルールブックは、当日1000円(実費)でお分けします。
 
申し込みは、宮城県トライアスロン協会までメールでお願いします。
名前、郵便番号、住所、連絡電話番号、メールアドレスを明記下さい。

3時間耐久ランin台原森林公園 リザルト

みなさまお待たせしました。
大会結果をアップいたします。
LinkIcon3時間耐久リザルト

3時間耐久ランin台原森林公園 写真掲載中(1月12日更新)

現在、宮城県協会のFacebookで今日の台原森林公園の様子をアップしております。
LinkIcon宮城県トライアスロン協会FB

3時間耐久ランin台原森林公園(1月11日追記)

明日の大会終了後、ジャンケン大会を開催いたします。
勝利者は、作並温泉「岩松旅館ペア宿泊券」です。

3時間耐久ランin台原森林公園(1月11日更新)

エントリーされた皆様へ
本日明日のスタート時間と同時刻午前9時に会場を下見してきました。
昨年は路面凍結がありましたが、今日の時点で路面凍結は見当たりませんでした。

駐車場に関しては、公園の常設駐車場の利用時間は午前9時30分〜です。
大会スタート時間は、駐車場は施錠されていますので使用出来ません。
地下鉄旭ヶ丘駅前に有料駐車場があります。
車でお越しの際は、そちらにお停めになって、会場の黒松口までお越し下さい。
皆様のご協力をお願いいたします。

3時間耐久ラン開催決定(1月9日更新)

3時間耐久ランにエントリーされた皆様へ
当日の天気予報を考察した結果、
12日(日)の大会は開催いたします。
 
受付は、当日準備でき次第始めます。
例年7時30分ぐらいから受付しています。
手荷物は、45リットルの透明袋に入れて預かります。
午前8時30分から、開会式を行い、午前九時スタートです。
※スタートに遅れても参加は可能です。焦らずお越し下さい。

第3回 3時間耐久ランin台原森林公園エントリー締切(2014/01/04更新)

たくさんのエントリーありがとうございました。
耐久ランは定員に達しましたので締切りました。
エントリーリストを公開いたします。クリックするとpdfファイルで確認出来ます。
 
エントリーリスト (駅伝)
エントリーリスト (ソロ)
参加料を入金していない場合、当日出走出来ません。
協会からの自動配信メールをご確認いただき、
当日遅れないようご参加下さい。

■2014年度総会開催のお知らせ(2013/12/26更新)

2014年2月16日(日)
時間 1700~1800
 
場所 青葉区中央市民センター(仙台市東二番町小学校隣接)
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町2-1-4 第3会議室
Tel 223-2516
 
議題
1 2013年度事業報告の件
2 2013年度決算の件
3 2015年度事業計画の件
4 2015年度予算案の件
5 2014年度~2015年度(2ヶ年)の役員改選の件
6 その他
協会員であれば出席出来ます。是非宮城県協会がどのようなメンバーで
どのように運営されているか知る機会です。是非ご参加下さい。

2014年会員登録開始(2013/12/20更新)

2014年の宮城県協会およびJTU登録がスタートしました。
今年もネットからの登録になりますので、
上のバナーをクリックして登録ページへ進んで下さい。
宮城県協会登録のページになります。

第3回 3時間耐久ランin台原森林公園エントリー開始(2013/12/26更新)

たくさんのエントリーありがとうございます。
天候による大会実施の可否は、1月9日15時にこのホームページで掲載いたします。
皆さんご確認のほど、お願いいたします。
 
2014年新春の走り初めの3時間耐久のエントリーはまもなく締め切りです。
実施要領はこちらです。

上の実施要項ダウンロード
誓約書ダウンロード

トライアスロン東北(仙台ショートタームスクール)開校

トライアスロン東北(仙台ショートタームスクール)
上半身・下半身を同時にバランスよく鍛えられるのはトライアスロンだけ。
新しいことを始めたいと思う社会人が、積極的に取りくむスポーツになりつつあります!
練習会やレースを通して、違う世界の仲間に出会えます!ぜひ、一歩踏み出してみませんか?
初めての方のために、レンタル(バイク1回1500円・ヘルメット1回500円)あります!

日程:第1期(全10回・基本隔週日曜)
平成25年11月17日(日)~平成26年3月17日 全10回(約4カ月)
   11月17日・11月24日・12月8日・12月22日
   1月6日・1月20日・2月3日・2月17日・3月3日・3月17日

コース :3種類
①ビギナースクール:トライアスロン経験ゼロの初心者向け
      基本時間の30分前に集合し、事前レクチャーあり
      参加費19,800円(全10回講習費・年度間保険料・プール使用料込)
②スクール:専門スタッフによるレクチャー・メニュー提示あり
      参加費16,800円(全10回講習費・年度間保険代・プール使用料込)
③トレーニング:練習会形式でリーダーのメニューの下まとまって練習
      参加無料・誓約書(自己責任の旨)と年度間保険料(2,000円)のみ
           プール利用は別途600円
オプション:画像解析アドバイス 3,000円(初回・中期・ラストの3回を基本撮影)
       好きな種目に対して動画・画像の撮影をし、アドバイス

対象:大人・高校生以上(それ相当の方)             

時間:毎週日曜8:00~11:00(3時間)
    種目スケジュール
    8:00~10:00 BIKE・RUN
    10:00~11:00 SWIM
    (ビギナースクールは7:30集合)

場所:多賀城七ヶ浜周辺 アシスト多賀城(スイム10:00~11:30)
根白石周辺

参加申し込み方法:下記アドレスまでメールにて、必要事項をお送りください。
参加費は当日。
スタッフ:代表 朝川洋明 (日本体育協会トライアスロン指導者) 計7名

申し込みアドレス  tritohoku@yahoo.co.jp 
メールタイトル:「トライアスロン東北申し込み」
必要事項:名前・年齢・性別・住所・連絡先・メールアドレス・希望コース(①~④)
レンタルバイク有無(有=身長・体重)

東京国体報告(郷田将選手)

スイム
375m2周回
スタート後激しいバトルに巻き込まれ、最初の180mは全く前に行けませんでした。
2週目でなんとか4~5人の集団の中に入ったので、そこからは足を使わず温存しながら泳ぎました。目標としていた山形の長谷川選手と同時アップが出来たので良かったです。
 
バイク
4.5㎞4周回
集団内でも余裕のある方で、前に出て引くことが出来ました。しかしながらパック全体としてはスピードが上がらず、後方から数名の選手に追いつかれてしまいました。そこからは後方待機で温存することでランにつなぐことが出来ました。
 
ラン
2.5㎞2周回
水分不足のせいか前半2.5kmは足が動かず、後半持ち直したものの攻めきることは出来ませんでしたが、三宅島の溶岩原を横手に見ながら最後まで楽しく思いっきりレースをすることが出来ました。
 
レース2週間前の福島合宿から当日のサポートまで、宮城県トライアスロン協会及び朝川コーチには大変お世話になりました。三宅島では島民のみなさんがほんとに良く接してくれて、国体というレースは一味違うなと感じました。結果に関してはランが走れなかったことが悔やまれますが、おおむね満足しています。応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 
東京国体報告(小林美和子選手)
 
国体中は朝川監督・郷田選手と「チーム宮城」らしく適度な緊張感と和やかな雰囲気の中で過ごしてまいりました。
 
エリートレースの初参戦ということで、当初から不安はつきまとっていたのですが、国体に出場すると決めてからのトレーニングや心構えは身体にしみ込んでいたようです。
天候不良での競技内容・スケジュールの変更はありましたが、朝川監督の的確なアドバイス・対応で、トレーニングしてきたことを自然体で発揮できるレース展開ができました。
 
エリート選手やエイジ部門上位選手たちとのレースで実力の違いを改めて知ることになりましたが、トライアスリートとして、一歩も二歩も前進させてもらう貴重な経験となりました。
 
男女1名ずつの県代表選手に監督という3人体制は、普段のチームや仲間を離れるため、各エリアの結束や絆を強くするように思えました。
また他県のみなさんや国体に参加したトライアスロン関係者の方々、地元島民のみなさんと交流するとても良い機会となりました。
国体初経験ではありますが、これがまさに国体の意図するところではないかと感じました。
 
国体参加にあたり、様々な準備にお手間を取っていただいた大関理事・朝川監督。
そして壮行会やお心遣い・応援をいただきましたMTAのみなさまに心から感謝した
いと思います。
 
国体の経験をこれからの活動に活かし、また来シーズンに向かっていきたいと思って
おります。今後とも、家族ともどもよろしくお願い致します。

運営補助スタッフの募集

KHB東日本放送より、宮城県協会に松島ハーフマラソン大会の協力要請がありました。

東日本放送ではハーフマラソン・10キロ・5キロ・3キロの
各種目先導と後尾のMTB隊を募集しています。
日時・・・10月13日(日) 07:30集合 15:00解散
会場・・・松島町民グラウンド
内容・・・MTBでランナーの先導・最後尾誘導
謝礼・・・現金7,000円・朝食・昼食・大会記念Tシャツ(希望サイズ)
条件・・・自走または車両でMTBを持ってこれる方(2台までは貸し出し可能)
コース・・松島町民グラウンドから野蒜方面へ向かい、各種目ごと折り返して戻る。
人数・・・最低6名(最大8名)

申し込み・問い合わせ先
東日本放送販促事業部 木幡智彦(こはたともひこ)
kohata@khb-tv.co.jp
※スパムメール防止のため、@(アットマーク)が全角です。半角に修正しメール送信願います。

大会サイト

 
運営補助スタッフの募集について
大会名 5時間耐久エンデューロin仙台ハイランド
大会HP
 
〒989-3434 宮城県仙台市青葉区新川早坂12
期日  2013年9月22日(日)
募集人数 5~6名
条件 交通費3000円、ランニングバック、昼食支給
バイク提供者は、交通費3000円+7000円
仕事内容 主に参加選手の安全管理
時間   8時~16時
競技タイムスケジュール
8:30~9:30 受付&試走
9:30~開会式
10:00~15:00 競技
15:30~表彰式&閉会式
17:00 撤収&解散
 
スタッフ集合時間は7:30現地
解散は17:00を予定いたしております。
 
問い合わせは、申し込みは、
ネオシステム(清本 直 )<>
 

みやぎジュニアトップアスリートアカデミー
第4回育成プログラムサマーキャンプ
報告書

<実施日>平成25年8月20日(火)~22日(木)
<会 場>グランディ21 利府町立しらかし台小学校
<講 師>
高橋松吉(JCF強化コーチ)
斉藤大輝(JTU強化チームジュニア強化担当コーチ)
笠井学(宮城県水泳連盟飛込み担当)
栗木一博、武村英和、内丸仁、山口貴久、岩田純(仙台大学)
<MTAスタッフ>
 朝川理事、吉田理事、和泉副理事長、眞野学連理事、東北大2名の参加
 
*コンセプト:「スポーツから学べる力」各種スポーツの種目を理解して競技し、意識づくりの育成、これまでに体験したことのないスポーツ種目を体験して、柔軟で幅広いスポーツ競技対する理解を促進させることを目的。
 
・対象者:宮城ゴールドジュニアアスリート第1期生
 (応募1508名の中から106名4・5・6年生選出)
<種目>
・飛込み
・トライアスロン
上記種目に主眼し、経験させるだけではなく今までの競技と対比させ幅広い競技を理解させることを一助とした。
 
MTAの6名のメンバーは8月22日のトライアスロンの種目である、「自転車⇒トランジット⇒ラン」の過程種目をサポートいたしました。
前日からスイムに関しては斉藤大輝(JTUジュニア強化委員)にての講習・記録会があり、4・5年生は高橋松吉(日本自転車競技連盟)にロードレースの自転車の試乗を体験しているため、22日は朝から全学年スイムの記録会を終え10時過ぎより4・5年生はトラック内を800mのランだけにとどまりました。
主に我々は6年生男女37名を対象に、ロード自転車の試乗体験してもらってから、トランジットエリア・乗降者ライン等を作成、設定してヘルメットを装着して1周:1km自転車走行後、トランジットエリアの更衣⇒ラン:1kmとレースの2種の流れを体験して頂きました。
炎天下で気温:29.5℃の公示でしたが会場の駐車場は30数℃になっていたと思われます。しかし、前々日からの講習のせいもあってか、子供たちは水分補給をまめにして、4・5・6全学年事故・怪我無く終了することが出来ました。
 
 
宮城県教育庁スポーツ健康課:スポーツ振興班では、みやぎ「夢・復興」ジュニアスポーツパワーアップ事業実行委員会を設けこれからは特にトライアスロンは将来性あるスポーツのために宮城にては応援・支援できることはやっていきたいと、頼もしいお言葉もいただきました。
 

平成25年9月4日
宮城県トライアスロン協会  副理事長
和泉 秀一

第33回全日本トライアスロン皆生大会 推薦選手結果報告

 
宮城県トライアスロン協会から皆生トライアスロン大会に推薦した
飯塚成毅さまより、大会報告がありましたので皆様にご報告いたします。推薦選手とは、書類選考を免除し、大会の出場を皆生トライアスロン協会が許可します。招待選手(参加費、交通費、宿泊費等の主催者負担)ではありません。推薦基準は、宮城県トライアスロン協会に所属する選手であれば、年齢、性別、実力は問いません。当初2名の申し込みがあり1名は前年も参加し、完走していることから、双方からのヒアリングを踏まえ、理事長・副理事長の合議の上、書類選考が通りにくいであろう初参加の飯塚さまを推薦しました。
 
以下飯塚さま報告
 
第33回全日本トライアスロン皆生大会に出場して
 今年の3月に協会のHPに大会出場の推薦を募集しているのを見つけ、メール応募し選考のうえ推薦いただき、初めて参加することができました。これから出場される方の参考になればと、大会の感想を送ります。
 
1.アプローチ等
仙台からJAL(伊丹経由出雲空港)で米子へ。大会前後に米子のビジネスホテル(安価)に宿泊し、大会中は皆生温泉のホテル(高価)に宿泊しました。移動はレンタカーを利用しましたが、他の参加者には全てバイクで移動している強者もいました。
この時期の気候は非常に不安定で、前回は海が荒れたためスイム中止で第1ランに変更、今回は気温33度、薄曇りでやや風あり、と天候に恵まれましたが、翌日なら雷雨で多分、大会は中止になったと思います。仙台との気温差(暑さ順化)、熱中症予防、レース時の天候の変化への対応、が心身共に必須だと思います。
 
2.スイム
 距離は3キロ。波防ブロックの沖を1.5キロで一旦砂浜で折り返しチェックの往復コース。幸い天候に恵まれ、波、潮流共に穏やかで泳ぎやすかったです。泳いでいる時は気づかなかったのですが、クラゲに胸を刺されました。(対策は不要)ただ、前日は風が強く波が高かったので、ブレス時の波対策と方向確認に注意が必要だと思いました。
 
3.バイク
大山の麓を走るアップダウンの多い名物コース。交通規制がないので信号待ちや一般車に注意が必要。(特に、雨天時の下り)バイクマーシャル、自転車マーシャル、ワンボックスカーでのバイクメカニック、エイド、ボランティアの配置等サポートは充実してました。後半の折り返し時、事前に預けたスペシャルドリンクを受け取れるので活用。上りが辛い分、下りは最高に楽しめる良いコースでした。
 
4.ラン
トラジッションには、バイク用、ラン用のバック2つを自分のナンバーのフックに掛ける
様になってます。着替え用テントが近くにあるので、ランの準備はしっかりできました。
コースは平坦で、全て歩道。信号待ちや歩道橋のアップダウンあり。市街地、国道、米子空港近く等、変化はありましたが、美しい景色等はなく、暑さとの戦いでした。マーシャルも頻繁にチェックしており、ゼッケンがきちんと見えないと注意されました。
ただ、随所にボランティア、警備員がおり、エイドも充実。スイカ、バナナ、オレンジ、 レモン、おにぎり、梅干し、パン、塩、氷、コーラ、スポーツドリンク、水(多分、ペットボトル)今年は協賛でOS-1がありました。沿道の応援も地元の人がそれなりにと、ローカルさが印象に残りました。
 
5.感想
今回は家族も別便で応援に来てくれたので、鳥取砂丘や出雲大社など観光もしっかりできました。
大会自体は、さすがトライアスロンの発祥の地、33回の長い歴史と地元の方の熱い想いがこもったシリアスな印象で、選ばれたアスリートが日頃の練習の成果を試す場、
  それぞれのレベルで楽しめる大会だと思いました。
 
                                以 上

 
飯塚さま、報告ありがとうございました。そして、完走おめでとうございます。
 

蒲郡オレンジトライアスロン大会 結果

宮城から出場した選手の結果をお知らせします。
エリートU15 小林慶次選手 6位
スプリント 小林竜馬選手 3位
エイジ女子 小林美和子選手 女子総合5位

2012年七ヶ浜大会実行委員会解散総会

3月22日、第18回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会実行委員会の解散総会が七ヶ浜町中央公民館(七ヶ浜町生涯学習センター)で開催されました。
総会では、参加選手数計363人。キッズアクアスロン結果、収支などを大会事務局の宮城県トライアスロン協会が報告いたし承認いただきました。


TU東北ブロック協議会主催
日本U15選手権ドラフティング講習会
日 時:2013年7月13日(土)15:30~17:00
場 所:長井北中学校(山形県長井市成田2883)
対 象:U15長良川日本ジュニア選手権出場選手
(U19選手権出場者も可、選手権に出場しない12~19歳選手も可)
参加費:1,000円
指導者:蓮沼哲哉(JTU強化チーム、日本体育協会公認トライアスロン指導員)
荒木茂(日体協公認トライアスロン指導員)
朝川洋明(日体協公認指導員)
管理責任者:蓮沼哲哉
申込方法(メールにて以下の必要事項を記載し申込先に送信) 
氏名、住所、連絡先(携帯電話)、メールアドレス、年齢(2013年12月31日時点)、生年月日、学校名、U15選手権に参加の有無    
申込先 h-tetsu@opal.plala.or.jp
※スパム防止のため「@」が全角です。半角に修正し送信してください。
 
内容: ドラフティング講習会の実施要領(90分を基本)
1)事前説明(10分)
2)バイクの点検(10分)
3)基本走行(10分)
4)8の字走行、カーブ、Uターン走行(20分)
5)集団走行、追い抜き走行(20分)
6)転倒の仕方(マット用意)(10分)
7)選手の意見と反省(10分)

ボランティア活動してみませんか?
七ヶ浜大会では、大会当日、受付や本部周辺の案内誘導を
担当していただけるボランティアスタッフを募集しています。
7月7日当日、お手伝い可能な方は、宮城県トライアスロン協会までご連絡ください。
協会事務局
981-3215
仙台市泉区北中山2-12-15 宮城県トライアスロン協会
TEL:022-796-7372
FAX:022-379-8853
info@sports-voice.org
スパム防止のため@は全角表示。半角@に入力し直してメール送信。

2012年七ヶ浜大会実行委員会解散総会

3月22日、第18回みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会実行委員会の解散総会が七ヶ浜町中央公民館(七ヶ浜町生涯学習センター)で開催されました。
総会では、参加選手数計363人。キッズアクアスロン結果、収支などを大会事務局の宮城県トライアスロン協会が報告いたし承認いただきました。
 

協会朝川理事ラジオ出演

MTPで参加者を指導している朝川理事が、NHK第一のラジオに出演し、
トライアスロンと七ヶ浜に関して語っています。
番組 NHKラジオ第一 「ゴジだっちゃ」
日時 4月22日(月) 17:00〜18:00
出演時間予定 17:30頃から
 
 

東北ブロック指導者講習会について

2016年、国体が正式種目になることから監督には一定の資格が必要になります。
その要件を満たすためと競技の普及、強化を図るため指導者講習会を開催します。
開催日  3月30日、31日(土・日)
会 場  宮城広瀬総合運動場案内
指導者講習会要項・受講資格など
 
無事終了いたしました。JTUに提出した報告書を掲載します。

第33回全日本トライアスロン皆生大会選手推薦について

第33回全日本トライアスロン皆生大会に、宮城県トライアスロン協会から推薦選手を募集します。
推薦選手の特典は、書類選考を免除し、大会の出場を皆生トライアスロン協会が許可します。
招待選手(参加費、交通費、宿泊費等の主催者負担)はありません。
推薦に関しては、本人自筆による参加申し込み書のほか、宮城県トライアスロン協会からの推薦状が必要です。
推薦基準は、宮城県トライアスロン協会に所属する選手であれば、年齢、性別、実力は問いません。
■大 会 第33回全日本トライアスロン皆生大会
■大会日 7月14日(日)
■推薦人数 1人
■推薦申し込み期日 3月24日までに宮城県トライアスロン協会まで、自筆による参加申し込み書を郵送下さい。
参加申し込み書は、大会サイトで入手下さい。宮城県トライアスロン協会では、参加申し込み書に宮城県トライアスロン協会からの推薦状を添付して、大会事務局に3月31日消印で郵送します。
推薦多数の場合は、申し込み人に電話によるヒアリングを行い、宮城県トライアスロン協会が推薦人を決定します。
すでに参加申し込みを終えている方は、その旨を宮城県トライアスロン協会までお知らせ下さい。
■問い合わせ、申し込み先 宮城県トライアスロン協会まで。すべてメール、またはFAXでお願いします。

JTU東北ブロック協議会と東北ブロック内主催者合同会議

本日3月2日JTU東北ブロック協議会と東北ブロック内主催者合同会議が開催されました。

1,2013年度の大会開催日の確認。
6/22 山形県酒田市 ちびっこアクアスロン
6/23 山形県酒田市 みなと酒田トライアスロンおしんレース
7/7 宮城県七ヶ浜町 みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会
7/14 山形県長井市 長井トライアスロン大会
7/21 秋田県にかほ市 秋田トライアスロン芭蕉レース象潟大会
7/28 秋田県鰺ヶ沢町 白神杯鰺ヶ沢トライアスロン大会
8/4 岩手県釜石市 釜石はまゆりアクアスロン大会
8/24 福島県猪苗代町 ビギナートライアスロン教室
8/25 福島県猪苗代町 うつくしまトライアスロンINあいづ
9/8 福島県福島市 阿武隈川トライアスロン大会
9/14 福島県会津若松市 会津大学ミニトライアスロン大会
9/下旬 福島県いわき市 いわきデュアスロン
10/27山形県酒田市 庄内デュアスロンin酒田
11/3 宮城県七ヶ宿町 宮城デュアスロン七ヶ宿大会
11/10 福島県福島市 あづまデュアスロン選手権
2,サーキット戦
3,東北選手権
4,県別対抗戦について
5,前あきユニフォーム禁止について
経過措置を過ぎ、2013年の大会から、前が開くジッパー式/ボタン式のユニフォームは原則禁止とすることを各県了承。バイクジャージも含む
JTU主催・後援大会で、オリンピックディスタンス以下の大会は、今シーズンからフロントが開くユニフォームは原則禁止になりますので、選手の皆さん。ご注意ください。
前あきユニフォームについて

宮城トライアスリート強化プロジェクト(MTP)スタート迫る!

 
MTPの申し込みは随時行っています。
途中から参加も可能です。
 
いよいよ今週末3月3日よりMTPスタートします。
現在25名(男16名・女9名)とたくさんのアスリートにお集まりいただけることとなりました。
サポートボランティアスタッフも含めると総勢は30名を超える大所帯となります。
 
第一回MTP
3月3日(日)8:00に七ヶ浜町中央公民館(生涯学習センター)敷地内町民プール前駐車場に集合。
スケジュール:8:00~11:00バイクラン 11:30~13:00スイム
※多少、スイム開始が早まることが予想されます。
※急なスケジュールの変更や荒天中止などは参加者にはメールで、
一般の会員の皆さんにはMTAフェイスブックで当日6:30にお知らせします。
FBに変更が無い場合は予定通りです。
 
MTPに興味があるけど・・・という方がいらっしゃいましたら、トレーニングの見学だけでも随時受け付けます。トレーニングを見てから「これなら」と安心して参加できる余裕があるのもMTPの魅力の一つです。上記スケジュールでトレーニングを行っていますので、是非是非お立ち寄りください。
 
このプロジェクトは、自転車を持っていない初心者から、ガンガン乗りたい現役選手まで対応していく幅広いプロジェクトです。もちろん選手それぞれのスキルに合わせた指導・練習でそれぞれのスキルアップを目指しています。コーチはエリートレースの経験も豊富なMTAの朝川強化委員長を中心にした協力布陣で臨みます。
この機会にトライアスロンを始めようという方は是非ご参加ください。
詳細はこちらをご覧ください。

JTU第2種審判資格認定試験と更新講習会・3種講習会終了

日時 2月24日(日)9:00~15:00
場所 仙台市青葉区北山市民センター 
理事長の冒頭講義

マーシャルユニフォーム(通称パンダポロ)の説明(副理事長)

副理事長の講義(観客選手誘導用ラミネート説明)

受験者内訳:2種新規1名 更新2名 3種新規6名

2013宮城協会総会は2月16日終了しました。

宮城県トライアスロン協会の2013年度(平成25年度)総会が2月16日終了しました。
総会資料はこちらからごらんになれます。

2017 JTU会員登録(宮城)


FBでご質問お問い合わせ受付中



2016動画はFBでも公開中


2015年伊達トラ

2014年伊達トラ




トライアスロンアカデミー福島


大会コース図


 
Miyagi Triathlon Association
公益社団法人 日本トライアスロン連合加盟団体
公益財団法人 宮城県体育協会加盟団体




ITU

ASTC

JTU 東北ブロック協議会

東北のトライアスロン協会リンク
秋田県トライアスロン協会
岩手県トライアスロン協会
山形県トライアスロン協会
福島県トライアスロン協会




協会事務局
981-3215
仙台市泉区北中山2-12-15
宮城県トライアスロン協会
TEL:022-796-7372
FAX:022-379-8853
info@sports-voice.org
スパム防止のため@は全角表示。
半角@に入力し直してメール送信。